MENU

阪神ジュベナイルフィリーズ 過去の結果・傾向と今年の注目馬をさぐる

画像出典:©うまのいらすと

今年も2歳牝馬最強決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。

様々なイベントが開催自粛される中、競馬が実施されているのはファンにとってはありがたいことですね。観客数が制限されていることも、馬が歓声に驚くことが無くなって不安要因減少、と前向きにとらえたいところです。

ここでは過去の結果・傾向を見つつ、今年の注目馬を探していきましょう。皆さんの検討の一助となれれば幸いです。

目次

阪神ジュベナイルフィリーズ2021の出走予定馬!

2021年阪神ジュベナイルフィリーズの出走予想馬は以下の通りです。

並びは想定人気順となっています。

出走馬 年齢 斤量 騎手
サークルオブライフ 牝2 54 Mデム
ナミュール 牝2 54 Cデム
ベルクレスタ 牝2 54 松山
ナムラクレア 牝2 54 浜中
ラブリイユアアイズ 牝2 54 団野
アネゴハダ 牝2 54
スプリットザシー 牝2 54 池添
サク 牝2 54 ○○
ルージュラテール 牝2 54 ○○
エンタングルメント 牝2 54 横山典
キミワクイーン 牝2 54 内田博
ナムラリコリス 牝2 54 泉谷
ダークペイジ 牝2 54 横山和
パーソナルハイ 牝2 54 藤岡康
ヒノクニ 牝2 54 長岡
スタティスティクス 牝2 54 和田竜
タナザウィング 牝2 54 斎藤新
シークルーズ 牝2 54 岩田望
サウンドビバーチェ 牝2 54 ○○
シンシアウィッシュ 牝2 54 藤岡佑
トーホウラビアン 牝2 54 ○○

阪神ジュベナイルフィリーズ:過去10年の結果

開催年1着(馬名・人気順)2着(馬名・人気順)3着(馬名・人気順)
2020ソダシ(1)サトノレイナス(2)ユーバーレーベン(6)
2019レシステンシア(4)マルターズディオサ(6)クラヴァシュドール(3)
2018ダノンファンタジー(1)クロノジェネシス(2)ビーチサンバ(4)
2017ラッキーライラック(2)リリーノーブル(3)マウレア(4)
2016ソウルスターリング(1)リスグラシュー(2)レーヌミノル(3)
2015メジャーエンブレム(1)ウインファビラス(10)ブランボヌール(3)
2014ショウナンアデラ(5)レッツゴードンキ(2)ココロノアイ(4)
2013レッドリヴェール(5)ハープスター(1)フォーエバーモア(8)
2012ローブティサージュ(5)クロフネサプライズ(15)レッドセシリア(10)
2011ジョワドヴィーヴル(4)アイムユアーズ(8)サウンドオブハート(1)

阪神JFジュベナイルフィリーズの過去の結果からみる傾向

阪神ジュベナイルフィリーズは上位人気馬中心の決着となる傾向が強まっています。

過去10年の1着馬はすべて単勝5番人気以上でした。また3着以内に入った馬も5番人気以上の馬が30頭中23頭と、はっきり多数を占めます。過去5年に限れば、7番人気以下の馬は3着以内に入っていません。

 また、過去10年の1着馬は、10頭中6頭が、阪神ジュベナイルフィリーズに出走するまで無敗でした。「無敗馬は負けるまで買え」「連勝馬は負けるまで買え」などという先人たちの言葉が胸に刺さりますね。

 さらに、過去10年に3着以内に入った馬30頭のうち27頭は、それまでのレースで4着以下を一度も経験していません。大きく崩れた経験のある馬は、馬券的には一段割り引いて考えたほうがよさそうです。

阪神ジュベナイルフィリーズで好配当を狙うなら

上位人気馬中心の決着が多いだけに、傾向としてはあまり高配当がポンポン飛び出すレースではないと言えます。過去10年で3連単の配当が10万円を超えたのは2012年の1度だけです。

1番人気を含む上位人気組で堅く収まる → 2016年、2018年

1番人気を含む上位人気2頭が人気薄1頭を連れてくる → 2015年、2020年

   (2011年・2013年もこのパターンに含めたい)

1番人気が馬券圏外に飛ぶ → 2012年、2014年、2017年、2019年

 単勝や連複などで考えると、波乱となったケースは少ないです。

 とはいえ、1番人気が飛んだケースが意外とあることを考えれば、「2~5番人気馬を中心に(10番人気以内の)人気薄勢が1頭入るのを期待」という戦術もアリですね。

しかし、基本的な買い目としては点数を広げすぎず、絞って厚めに買うべきレースではないかと考えています。

3連単10点以内に絞ったフォーメーション買いというのはいかがでしょうか。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ:2021年の注目馬

・ウォーターナビレラ

無傷の3連勝でファンタジーSを勝って、勇躍本番に臨みます。武幸四郎調教師・武豊騎手の武ブラザーズタッグでGⅠ制覇なるでしょうか。

・サークルオブライフ

新馬戦こそ勝てませんでした(3着)が、続く未勝利戦・アルテミスSを連勝。未勝利戦での数多の不利を能力で強引にねじ伏せた勝ち方は印象的でした。

・ダークペイジ

新馬戦・りんどう賞連勝からのゆったりローテで臨みます。マイル戦未経験なのはやや気になりますが、かえって高配当の要因になるかも。

・ナムラクレア

新馬戦3着→フェニックス賞1着→小倉2歳S1着→ファンタジーS2着の臨戦過程。こちらもマイル戦勝ち星なしなのは気になりますが、近年ファンタジーS組が好走していることもあり要注意です。

おまけ 阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったウマ娘

 ウマ娘のゲームだと、出そうと思えばどんな馬でも阪神ジュベナイルフィリーズに出られますが、リアル競馬では、今は牝馬しか出られません。体操服でレースに出走する時の違いで元ネタの馬が牡馬か牝馬かわかります。

 「阪神ジュベナイルフィリーズ」のレース名になってからの勝ち馬でウマ娘化されてゲームに登場しているのはウオッカのみです。

 それ以前の「阪神3歳牝馬ステークス」時代はニシノフラワー、ヒシアマゾン、メジロドーベル、さらに以前の、牡牝とも出走できた「阪神3歳ステークス」時代はゴールドシチーが該当しています。

まとめ

 過去の傾向を見る限りでは、上位人気馬中心の手堅い決着が予想されます。

 データを信じて堅いところに厚く張り込むか、まれにある波乱が今回こそ起こると信じて穴をねらいに行くか、姿勢が問われます。

 馬券を買って気に入った馬を応援すれば、来年のクラシック戦線も、より楽しめるというものです。

 今年はどんなレースを見せてくれるのでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる