[競馬]ワイドフォーメーションは万能な買い方!3つの実践例で紹介!

2021年8月1日

ワイドのフォーメーションってどんな買い方?

ボックスと流しの中間的な買い方で、さまざまな展開に対応できる買い方です。

ワイドのフォーメーション買いは競馬で非常に有効な戦略です。ワイド馬券を購入する際にボックスや流しを買う人は多いと思いますが、あまりフォーメーション買いをする人はいないかもしれせん。

ワイドフォーメーション買いはボックス買いと流し買いの中間的な位置づけになる馬券です。さまざまな展開に対応ができる使い勝手の良い馬券であり、活用しない手はありません。

今回はフォーメーション買いの説明や流しやボックスとの使い分け方、おすすめの買い方まで紹介します。この記事を読み終わるころにはフォーメーション買いの有効性を知り、試してみたくなることでしょう。

3連系をメインとしている人には軽視されがちですが、ワイドはメイン馬券としても戦える馬券です。ワイド馬券の戦い方を知り、有効に活用していきましょう。

競馬のワイドフォーメーションとは

ワイドフォーメーション

どんな時にフォーメーションで買えばいいの?

馬券の軸になる馬を2頭以上選びたい時に有効です。

ワイドのフォーメーションとは軸馬を2頭以上に選び相手に買いたい馬も複数いる場合に有効な買い方。流しが軸馬1頭に絞り相手に複数、ボックスでは選んだ馬の全ての組合せを買うことに対し中間的な位置取りの馬券です。

ワイドのフォーメーションはさまざまな展開に対応するための馬券、基本は軸馬を2~3頭選びます。具体的には一頭目を逃げ馬、二頭目を追込み馬とすることで予想外な展開でも当たりを目指せる馬券です。

3連複や3連単のフォーメーションほど計算は複雑ではないため、ある程度絞った買い目で当たりを目指せます。具体的には後述しますが、軸に逃げ馬1頭と追込み馬1頭、相手に穴馬3頭といった様にパターン化した買い目を基本にすることをおすすめします。

ワイドのフォーメーションは複雑な計算も必要なく、さまざまな展開で当たりを狙える馬券です。

ワイドフォーメーションとボックスの違い

ワイドフォーメーション

ワイドのボックスとの違いとして点数を絞れること。仮に1番人気馬のAと2番人気のB、10番人気C、11番人気のDでワイドボックス買いをすると以下の通りが当たりになります。

〇A-B

〇A-C A-D

〇B-C B-D

〇C-D

しかし、ワイドで上記のA-Bの組み合わせは配当が非常に安くトリガミとなる可能性が。C-Dに関しては的中率が極端に低いといった問題があります。

そこで、AとBを軸馬にC、Dを相手に選ぶフォーメーションを組みます。当たり馬券は以下になります。

〇A-C A-D

〇B-C B-D

ボックスであったA-B、C-Dの効率が悪いと言える買い目をはぶくことができ、より現実的な攻めの馬券を実現することが可能です。

ワイドフォーメーションと流しの違い

ワイドフォーメーション

ワイドの流し馬券は軸馬を1頭に絞れる場合に使います。もちろん有効な馬券で、実践的ですが、思いもよらない展開には対応できないといったデメリットがあるのです。

独断ではありますが、完璧な予想と資金配分ができた場合の儲かる順番はフォーメーション→流し→ボックスとなるかと思います。しかし、的中率に関しては逆の順番となってきます。

流しは軸馬に絶対の自信がある場合、フォーメーションは展開に左右される可能性がある場合など、使い分けることが重要です。もちろんどのような場合でも点数を絞るほうが儲かります。

ワイドフォーメーションおすすめは5点まで

ワイドフォーメーション

ボックスだと配当が安いけど流しにしたら軸が飛ぶ!

フォーメーションでは軸を増やすことで予想外の展開にも対応できます。

ワイドのフォーメーションは的中率が高く、競馬をはじめたばかりの人でもわりと簡単に当たることができます。しかし、買い方により回収率は大きく異なってくる馬券だといえるでしょう。

フォーメーションを含むワイドで回収率を上げるための有効な買い方は以下が考えられます。

  • ワイド軸1頭、相手5頭流し5点買い
  • ワイドフォーメーション軸2頭、相手2頭の5点買い
  • ワイド3~5頭ボックス

ワイドのポイントとして多くても5点買い程度に抑えることです。期待値の高い馬を軸に好走できる可能性が高い中穴から穴馬の組合せを買うことが基本戦略になります。

ワイドのフォーメーションは絶対の自信がある軸馬を1頭と展開1つで頭まであると思われる馬を軸馬に相手は2頭、高期待値の馬を選びましょう。あえて軸馬同士の買い目を含む5点買いをすることでトリプル的中まで狙えます。

軸2頭が人気馬同士の場合でも資金を厚めに設定することで保険馬券としても機能します。また、軸馬を人気同士とする場合複数的中を想定しておくことが重要です。ワイドの回収率をあげるためのテクニックの1つです。

具体的な軸馬の選び方や相手の選び方をこちらの記事でも紹介しています。馬の選び方に迷ってしまう人はぜひ参考にしてください。

>>ワイド馬券で競馬は勝てる!

ワイドフォーメーションの組合せ実践例おすすめ3選

ワイドフォーメーション

ここからはワイドフォーメーション買いを実践例を交えて3通り紹介します。

  • 軸1逃げ馬 軸2追込み馬
  • 軸1人気馬 軸2穴馬
  • 軸1人気馬 軸2人気馬

逃げ馬と追込み馬のワイドフォーメーション

逃げ馬と追込み馬のワイドフォーメーションが決まった例として2020年の高松宮記念を紹介します。1番人気はタワーオブロンドン、中団後方の位置からの差し脚が魅力の馬。

対して前走で逃げた馬は9番人気モズスーパーフレア1頭のみ。1番人気の脚質が差し追込みであることからマークされる展開になれば前に行ったもの勝ちが考えられます。逃げ馬が残る可能性を考え、1番人気タワーオブロンドン、9番人気モズスーパーフレアを軸に、相手を2.3.4番人気で買っていました。

逃げ馬 追込み馬 ワイドフォーメーション
逃げ馬 追込み馬 ワイドフォーメーション

結果はスタートから軽快に逃げたモズスーパーフレアが粘りこみ1着。タワーオブロンドンは届かず12着でしたが、モズスーパーフレアから3番人気4番人気のワイドがダブル的中。併せて7310円という大きな配当が当たりました。

逃げ追込み馬、両方を軸にしたワイドフォーメーションがはまった結果でした。

人気馬1頭と穴馬1頭のワイドフォーメーション

人気馬と穴馬のワイドフォーメーションを買っていた例として、2020年天皇賞・春。1番人気は前年に続き連覇を狙うフィエールマン。2頭目の軸馬として調教が桁違いに良く、1発があるならこの馬だと思っていた11番人気スティッフェリオを選んびました。

相手は人気所をはさむ形で2.3.4番人気を選択。

人気馬 穴馬 ワイドフォーメーション
人気馬 穴馬 ワイドフォーメーション

結果は強さを見せたフィエールマンが1着。好位で上手くレースを進めたスティッフェリオが2着。ワイドフォーメーションはトリプル的中と大成功したレースになりました。

人気馬同士の軸2頭ワイドフォーメーション

最後に人気馬同士の軸2頭フォーメーションの例を紹介します。2020年日本ダービー。1番人気はコントレイル、2番人気はサリオス。どちらが勝ってもおかしくないレースとして話題を集めました。

どちらもかなりの実力馬。しかし、抜けた人気の2頭はマークされやすくなることから、どちらかは着外に飛ぶと思っていました。ただ、どちらが飛ぶかまったくわからず、思い切って両方を軸に相手は穴馬を買うフォーメーションで攻めることに。

人気馬同士 ワイドフォーメーション
人気馬同士 ワイドフォーメーション

結果はコントレイルが1着、サリオス2着、3着に10番人気ヴェルトライゼンデが入る紐荒れの結果となりました。トリプル的中した場合2790円、3連複を超える結果に。私はヴェルトライゼンデは買えませんでしたが。

上記で紹介したようにさまざまな場合に対応できる馬券です。

ワイドフォーメーションを当てるコツ!軸馬選びに独自のデータを持つ

フォーメーションを組む際に、大切なことは軸馬の選び方です。当サイトでは予想の組み立ての際にコンピ指数を重要視しています。

>>[今すぐ使える]コンピ指数で競馬予想!3つの活用法で新聞は不要!

コンピ指数は日刊スポーツ社が算出している競走馬の能力を点数付けしたもの。古くから愛用者やファンが多く、根強い人気を集めています。競走馬の能力を点数によって表示しているため、競馬を始めたばかりの人でも馬の能力が非常に分かりやすくなっています。

コンピ指数を見ることで以下のことがわかります。

  • 信頼できる馬と危険な馬の判断ができる
  • コンピ指数の順位からお買い得な馬がわかる
  • 荒れるレースになるか判断ができる

コンピ指数は月額800円の有料会員しか見れませんが、抜群の精度を誇る指数。競馬予想に無視することはできません。初心者からベテランまで、多くの人に使いやすい指数なので、ぜひ参考にしてください。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

ワイドフォーメーションで勝てるかは1番人気の取り扱いをどうするか次第!消せる条件を知ることが大切!

ワイドのフォーメーションは結局1番人気は買うべきなの?」
「1番人気を入れると配当が安くてモチベが下がるし、外すと当たらなそうで怖い」


ワイドに限った話ではありませんが、馬券で儲けを出す上で1番人気の取り扱いはとても頭を悩ませるところですね。自分が買ったときに限って着外になる、買ってない時にはやっぱり1着だったということもありますよね。

そこで、「【最新刊】図解で学ぶ 1番人気 鉄板の条件・消しの条件」はぜひ参考にして頂きたい1冊です。

出典:図解で学ぶ 1番人気 鉄板の条件・消しの条件

本書では、「よほどの不利がない限りは鉄板の1番人気」「他にいい馬がいないから結果的に1番人気になった」といった買える1番人気・買えない1番人気の理由を紹介。

1番人気を馬券にどう活かしたらいいのかを図解付きで紹介しているので、競馬初心者にもわかりやすい本となっています。ワイドにおいても、1番人気の扱いはとても難しい問題ですが、買える条件、消せる条件を知ることで、大きな利益を出すヒントになるでしょう。

「【最新刊】図解で学ぶ 1番人気 鉄板の条件・消しの条件」 は電子書籍サイトebookjapanでご覧いただけます。

現代では、紙の書籍と比較しても電子書籍はメリットしかありません。特に、ebookJapanをおすすめしていますが、理由は以下の通り。

・書店やAmazonのように、出かける手間や届くのを待つ手間がなく、気になった時にすぐに読める
・クレジットカードだけでなく、ケータイ払いなど多彩な決済方法がある
・ヤフーやソフトバンクユーザーなら会員登録が不要
・今だけ!こちらのリンクから買えば6冊分50%オフのクーポンが付いている

信頼できるかわからないサイトの予想に頼るよりも自分の知識をつけることが、競馬で勝つための最大の武器になります。気になった人はぜひこちらのリンクから購入してください。

ワイドフォーメーションはさまざまな展開に対応した買い方

ワイドフォーメーション

今回はワイドのフォーメーション買いについて説明してきました。ワイドフォーメーション買いの有効性がお分かり頂けたかと思います。

3連系の馬券は配当的にも大きく、派手さがありますがワイドはプロもメイン馬券として使う馬券、十分儲けることが可能です。複数的中を狙い撃ち、3連複の配当を上回ることさえ普通にあります。

レースの展開を考え、同じ券種でもどのような買い方をするかが勝ちに繋げるために重要となります。ワイドのフォーメーションはさまざまな展開に対応できることが強みです。

馬券購入の際、ワイドのフォーメーションをぜひ使いこなしてみて下さい。上手に使いこなせれば間違いなく回収率は向上します。